HOME 陶芸の魅力とは やきものランキング 地域の陶芸教室 やきもの作品集
やきものランキング
 ランキング1位の岡山の代表的焼き物である備前焼。土と炎と人の手によって生まれるその自然な味わいは、多くの人に愛されています。その成り立ちと最大の特徴「窯変」について解説し、備前焼の素朴で豊かな魅力に迫ります。


 
土と炎の出会いと融合・素朴な備前焼の魅力
 備前焼は、岡山県備前市・伊部(いんべ)地方の焼き物で、「伊部焼」とも呼ばれます。古墳時代、朝鮮半島から伝わった「須恵器(すえき)」という焼き物の流れを汲んで、平安末期から鎌倉初期に誕生したと言われており、約1,000年の歴史を持っています。日本を代表する焼き物の中で、中世以来現在まで続く「六古窯」(ろっこよう=瀬戸・常滑・丹波・越前・信楽・備前)の一つでもあります。

 その大きな特色は、釉薬(うわぐすり)を使わず、土のままを高温で焼き上げる焼き物であること。これを陶芸の世界では「焼き締め」と言います。備前特有のきめの細かい陶土で形作られた器は、1,200〜1,300度の高温で約2週間、じっくりと焼き締められます。まさに、土と炎が出会い、融合することで、あの温かみのある自然な土肌の色が生まれるのです。
 そして、釉薬を使わないのに、実に様々な表情を見せてくれるのが備前焼。その秘密は・・・
「窯変(ようへん)」にあります。この備前焼の窯変についてご説明しましょう。


 
備前焼の「窯変(ようへん)」とは?
 ご説明した通り、備前焼は釉薬を使いません。焼きの際には、赤松の割木を薪に使って焚き上げるのですが、実は、この薪が燃えて灰になり、器の表面に降りかかり、高温で溶けることによって、自然の釉薬となるのです。
 また、焼成中、窯の中では常に状態が変化しています。温度や空気の流れ、灰の降り積もり方・・・いろいろな要素が重なることにより、土の焼け肌も刻々と変化し、その表面に驚くべき様々な表情や色合いが生まれてきます。
 これこそが、備前の
「窯変」と言われるもので、あの備前焼独特の味わいを生み出すものなのです。
 この窯変は、もちろん窯に作品を詰める時や、薪をくべる際の技術によって生み出されるものでもあるのですが、陶工たちがどんなに狙っても、どんな作品が生まれるかは、やはり最後に窯を開けてみるまでわかりません。人の手と自然の力が合わさって、初めて備前焼はその本来の姿を現すのです。


 ランキング2位の
唐津焼の特徴は李氏朝鮮(一説に、華南)から伝わったとされる伝統的な技法が今に根付いているところです。特に蹴轆轤、叩き作りといった技法は古唐津から伝わる技法で、現在もこの製法を行っている窯があります。窯は連房式登り窯という大がかりな窯を用い、そこで1,300度の高温で一気に焼き締めます。意匠は茶器として名声を馳せただけあって、非常に素朴で、それでいながら独特の渋みがあるのが人気の理由でしょう。


 ランキング3位の
信楽焼の特徴は、土中の鉄分が赤く発色する火色や、窯のなかで炎の勢いにより器物に灰のふりかかる、灰かぶりの現象による自然降灰釉(ビードロ釉)の付着、また、薪の灰に埋まり黒褐色になる「焦げ」も含めた、炎が生み出す独特の焼き上がりにあります。古信楽にはしばしば見られる特徴的な窯変の現象もあります。

ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送