HOME 陶芸の魅力とは やきものランキング 地域の陶芸教室 やきもの作品集
地域の陶芸教室
初めての陶芸・まずはきっかけ作りから!
とにかく飛び込んでみるのが1番です。陶芸は、そんなに堅苦しいもんじゃないですから・・・難しく考えず、まずは気楽に始めてみることだと思います。「案ずるより生むが易し」、まずは土に触ってみることで、今まで知らなかった新しい世界が目の前に広がるかもしれません。さあ、あなたも、陶芸を始めてみませんか?
 


地域の陶芸教室に出かけてみましょう!
 やはり、陶芸を始めるに当たって、頼りになるのは陶芸教室。全くの未経験でも、懇切丁寧に教えてくれます。陶芸ブームも手伝って、現在は全国にたくさんの陶芸教室がありますので、まずはお近くの陶芸教室を探してみましょう。新聞の地域欄やイベント情報欄を見てみたり、インターネットでお住まいの地域と「陶芸教室」「カルチャースクール」などをキーワードに探してみると良いでしょう。

 「いきなり教室に通うのはちょっと・・・」という方。陶芸教室の中には、1日体験ができたり、見学をさせてくれるところもありますので、問い合わせてみましょう。あらかじめ教室がどんな雰囲気かを知っておけば、安心して参加することができます。

 また、「教室に通うだけの余裕がないけど、とにかく作品を1度作ってみたい!」という方には、各地の公共施設や観光スポットにある陶芸体験施設がおすすめです。1度作品を作る喜びを味わえば、次のステップにつながるのでは? ただし、観光施設は休日混み合うことが多いので、もし平日の体験が可能なら、よりじっくりと楽しめると思います。
 


1日陶芸体験に出かけよう!
 まずは、どんな陶芸体験ができるかは、各地の教室によっても異なりますので、申し込みの際には必ず問い合わせてみましょう。まさに「手ぶら」感覚で楽しめるのが利点の1日陶芸体験。でも、ちょっとだけ注意点があります。

 1) 服装は汚れても良いラフな格好で。
 当然、直接土に触る訳ですから、汚れても良い服装でないといけませんよね。「そんなの当たり前!」と言われてしまいそうですが・・・実は陶芸の作業によっては、土を使うだけでなく、水もたくさん使うのです。ですから、夢中になっていると、気付かない内に土がしぶきになって服にたくさん飛んでいたりします!! 特に白っぽい服に土が付くと、シミになって取れにくいそうですから、どうぞご用心を。
 こちらの工房では道具はもちろん、エプロンも用意されていましたが、作業着代わりに汚れても良い上着などを1枚用意しておくと良いかもしれませんね。腕をまくっておけるリストバンドなどもあると便利でしょう。

 2)爪は短く、装飾品は外して。
 手に付いた土は洗えば落ちますが、爪の間に入った土はなかなか取れにくいものです。作品に爪跡が付いてもいけませんので、爪はあらかじめ短めに切っておいて下さいね。指輪や時計などの装飾品も外しましょう。汚れを気にせず作陶に集中できるよう、準備をしておきたいですね。
 
ブックメーカー ピナクルスポーツ ウィリアムヒル bet365 ネッテラー
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送